FC2ブログ
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
7.試行錯誤(2) 
2007/02/08 Thu 10:36
 しばらく、本筋からはずれます。レベルの壁に当たったときに、いろいろと推測したものです。(今でも試行錯誤はしているので、何とも言えませんが…)

 よく、繁殖牝馬(以下、肌馬と言います)の質を上げることが、近道だと言われます。では、良い肌馬とは何かと、聞かれれば、十人十色の回答があると思います。

 私の場合は、肌馬で重視するのはまず持続です。持続が隠しパラということもありますが、経験上持続が高い肌馬から、持続の高い馬が生まれやすく、持続は肌馬から伝わりやすいと思っています。

 持続が高くても、いわゆる駄馬も多くいたし、うちのイニシエみたいに、持続BでもOPを勝つ馬もいるので、未だに手探りしている状態です。

 その次は気性です。インブリードの関係もありますが、気性が悪いと産駒も悪いことが多く、本番レースでも非常にムラがあり、扱うの難しいです。経験上ブリンカーを付けると、01遅くなるので、それだけで不利ですね。(でも私もB以下の場合付けていますが・・・)

 あとは、肌馬の医龍式指数が58以上あれば、その他のパラはあんまりこだわりません。特に適正は度外視しています。というよりも、適正が今一の馬が多く生まれたので、そのような状態になりました。
 
 壁にぶつかった当初は、58以上の肌馬はいませんでした。初めて持続SSの牝馬が生まれたのが10Sのテンテマチーフス。時間はかかっていますが、そのチーフスからの流れで、徐々に肌馬の質が向上している状況です。

(続く)

※ここに書かれていることは、あくまでも、私が感じたものですので、参考になるか分かりません。仮に参考にする場合は自己責任でお願いします。※
スポンサーサイト

テーマ:競馬伝説Live - ジャンル:オンラインゲーム

コメント
この記事へのコメント
ありがとうございました。m(__)m
お祝いのお言葉をいただきまして
ありがとうございました。m(__)m

未熟者ですが今後ともよろしくお願いいたします。m(__)m
2007/02/08(木) 20:50:53
URL | 河内牧場(ハリー) #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tentema.blog64.fc2.com/tb.php/100-7d42fa75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © これが夢に見た栄光のゴールだ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。